Profile


ニックネーム:ミサミサ
性別:女性
誕生日:1984年1月2日
血液型:O型
出身地:兵庫県
仕事:OL
趣味:ブログを書くこと、ファッション、テレビ
特技:英検2級、ピアノ

→→情報商材の相談をする

→→在宅ワークで稼ぐ方法

固定ページ

Recent Entries

Site search

Calendar

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

カテゴリー

Archives

おすすめ神戸ブランド*

リンク

情報商材暴露&返金掲示板

ジェルネイルの道具はどこで揃えたらいいの!?

爪さきまで美しく気をくばれる女性は、間違えなくお洒落で、
そしてモテます。

私が若い頃お付き合いしていた男性の中で、爪を綺麗に
している時は特に何もいわないけれど、爪の手入れを怠って
二枚づめでデートに臨んだら、「今日はなんかやるきないね」
といわれた記憶があります(笑)

お前は姑か!と思うくらい、細かい突っ込みでしたが、
人によっては、きっちり見ているようです。

また一方で、爪先を、赤く割と目立つジェルネイルを
していったことがあります。その時には、男友達から
「今日の爪、なんかセクシーそう」といわれたことが
あります。

全くファッションには興味のなさそうな男性でしたが、
見るところは見ている、というのが男性という生き物
のようです。

さて、いざジェルネイルを始めようという時、
実際に道具を揃えるには、ネットショップがおすすめ!

薬局などでも、ある程度の道具は揃えられますが、
LEDライトなどはおいてなかったり、高価で
あったりします。

ネットショップによっては、薬局やソニプラなど、
ジェルネイル用のLEDライトを扱っている
お店の半額くらいの値段でライトをゲットできて
しまいます。

値段の安いお店は、その時によって変わるので、
楽天などのショッピングモールで、値段を比較
しながら、お買い得な道具をゲットしましょう!

ジェルネイルを初めてみよう!

ここでは、自宅で簡単にできるセルフジェルネイルの方法に
ついて説明していきます。

その前にちょっとだけ、予備知識を!

マニキュアは、合成樹脂で出来ているのですが、ジェル
ネイルは、ウレタンなどの人口樹脂で出来ています。
この違いが大きく影響します。

マニキュアは、塗ってから20~30分間乾かさないと
べとべとになってしまいますよね!?

だけどジェルネイルでは、ジェルネイルは、LEDライトなどで
硬化させることによって、ほんの10秒ほどで乾いてしまうのです。

一昔前は、UVライトが主流だったので、女性たちの間では
指先の日焼けが気にされていましたが、今はLEDライトが
おすすめなのです。

ライトで硬化した後は、「未硬化ジェル」というものを
ふき取ります。これは、ライトで固める際に硬化しきれな
かったジェルのことです。

専用のリムーバーで綺麗に落とせば、つやつやのネイルが完成します。

おひとり様に慣れると、結婚から遠のく!?

ここ10年来の間に、「おひとり様ブーム」から「婚活ブーム」へとブームが変化していきました。おひとりさまブームとは、30代になっても、40代になっても、「私は結婚しないでおこう」と決めて、仕事に生きるキャリアウーマンたちが増えた現象をいいます。メディアでも繰り返し騒がれていたので、「私もそれでいいんだ」と、同調したり安堵して、結婚しなくてもいいと考える女性が増えました。もちろん、途中で素敵な男性と出会って結婚する女性もいます。ただし、おひとり様志向が強くなると、男性からもモテなくなり、損をしてしまうので注意が必要です。例えば、「マンション購入」などがその良い例です。結婚をすれば、相手の仕事の転勤などで、海外や地方に行かなければならないこともあります。そうした際に、下手にマンションを買ってしまうと、身動きがとりにくくなります。家賃収入という手もありますが、それでもローンを払ってトントン。もしくは、常に埋まるとは限らないために赤字になってしまうこともあります。また、一人用のランチやディナーなど、おひとり様大歓迎をうたうお店も増えました。しかし、おひとり様で食事をしていても、男性はなかなか声を掛けづらいものです。

女性に不利な婚活事情

婚活をすれば、誰でも結婚できるというものではありません。男性でも女性でも、30回以上お見合いをしてもダメだった!という人がいます。100回以上というつわものもいます。では、結婚できる人とできない人の明暗を分けている理由とは、いったい何なのでしょうか?それは、異性から「好意を抱かれるかどうか」、つまり、モテるかモテないかということがとても大事だということです。特に、女性の方がモテるということに敏感でなければなりません。なぜならば、近年では、結婚相談所に入会している人たちの男女比が逆転し、女性の方が圧倒的に多くなってしまったからなのです。特に、医者や弁護士、会社経営、一部上場企業勤務、官公庁勤めなど、条件の良い男性が入会している結婚相談所ほど、女性の入会金が高い傾向があります。女性の方が多いということは、それだけ、男性の方が好条件で、自分の望む女性と出会える傾向があるということになります。裏を返せば、婚活でも普通の恋愛のように、モテる女性であり続ける必要があるということなのです。男女比が逆転し、女性に不利な婚活が続く世の中。いかに自分らしさを見つけ、結婚に結びつけていくかがとても大事になってきます。

モテる女性の女子会参加率は低い!?

女性の中には、結婚へのプレッシャー」を感じている人が多くいます。特に昔であれば、親や親せきからのプレッシャーが強く、ある程度の年齢に達すると、ろくに仕事も覚えていない間に家庭に入らされてものです。そうした話を母親や祖母、叔母などの親戚から聞かされてきた現代女性の多くが、キャリア志向になったのもうなずける話です。とはいえ、会社の中で取り残されて、お局と化していくのは悲しい話ですよね。そして何よりも、結婚への近道は、モテる女性になること。それも、ただ単に男性とお付き合いするだけでなく、きちんと、家庭的な側面を認めてもらった上で、モテなければならないのです。また、男性とのお付き合いや、モテる女性から自分を遠退けてしまう原因としては、「女子会人気」の影響があると思われます。女子会では、付き合っている彼氏や、気になる人の話題で持ちきり。いわゆる「恋バナ」です。しかし、この恋バナは、年齢を重ねるごとに、男性への愚痴をこぼす場所になりがちなのです。そうなってくると、ますます男性との出会いからは遠ざかってしまいます。女子会は、確かに女性にとっては気楽で楽しい場所ですが、それだけでは出会いが限定されてしまいます。女子会の開きすぎには、くれぐれも注意しましょう!

Page 7 of 77« First...56789102030...Last »